スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美食の町のパラドール(Hondarribia) 

CIMG0077.jpg
2007年7月28~30日
Hondarribia(オンダリビア)はバスク地方の中で最もよく保存された町並があると言われています。そのなかでも今回2泊滞在した、パラドールは対岸にフランスが見える、10世紀に建てられた要塞をそのまま利用した宿泊施設です。
CIMG0173.jpg

3メートル以上もの石の壁で囲まれていて、外からではおおよそ想像がつかない館内となっていました。下の写真の場所で朝食を頂くのですが、朽ち果てた要塞と緑がすごくマッチしていて、とても素敵です。
CIMG0102.jpg

2階にあるテラスからは、対岸フランス(エンダヤ)の町を見ることができます。
CIMG0085.jpg



CIMG0077.jpg

壁にはオンダリビアのエンブレムを織り込んだ、タピストリーが飾ってあり、大変見応えがあります。


CIMG0087.jpg

館内の、テラス、ラウンジ、サロン全てが石造りなので、静かで大変落ち着いた雰囲気です。


CIMG0149.jpg

私の部屋からも海、フランス両方が見ることができました。



CIMG0091.jpg

HONDARRIBIA(オンダリビア)の町並みです。木と白い壁が印象的で、一見どこかの雪山にあるロッジかと思う概観でした。


CIMG0068.jpg

偶然結婚式後に写真を撮影するカップルに遭遇、とても幸せそうで綺麗でした。


CIMG0070.jpg

やはり民族意識の強いバスクなので、ところどころこのような独立の姿勢を示したような旗が飾ってありました。

CIMG0169.jpg

Hondarribia(オンダリビア)のピンチョスもバスク地方なのでどの店もすごくレベレが高くて美味しかったです。

CIMG0259.jpg

子供達が大道芸人をすごく真剣にみつめていて、可愛い!!
CIMG0256_20070915092122.jpg

これも部屋からの眺めです、バスク地方は元々雨が多い地域なので、今回の旅も曇りがちでしたが、最終日天気が良くなって、窓からの眺めもいっそう素晴らしいものになって良かったです。

Hondarribiaまた是非訪れたいと思います。

CIMG0253.jpg
スポンサーサイト

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 素敵な町バルセロナ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。