スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogを移動致しました 

スペインのバスクに嫁ぎblogを移動致しました。

タイトル

スペインバスクのチョコレート屋

これからもお時間のある時に、読んで頂けたら励みになります。

コンレチェ


スポンサーサイト

美食の町のパラドール(Hondarribia) 

CIMG0077.jpg
2007年7月28~30日
Hondarribia(オンダリビア)はバスク地方の中で最もよく保存された町並があると言われています。そのなかでも今回2泊滞在した、パラドールは対岸にフランスが見える、10世紀に建てられた要塞をそのまま利用した宿泊施設です。
CIMG0173.jpg

3メートル以上もの石の壁で囲まれていて、外からではおおよそ想像がつかない館内となっていました。下の写真の場所で朝食を頂くのですが、朽ち果てた要塞と緑がすごくマッチしていて、とても素敵です。
CIMG0102.jpg

2階にあるテラスからは、対岸フランス(エンダヤ)の町を見ることができます。
CIMG0085.jpg



CIMG0077.jpg

壁にはオンダリビアのエンブレムを織り込んだ、タピストリーが飾ってあり、大変見応えがあります。


CIMG0087.jpg

館内の、テラス、ラウンジ、サロン全てが石造りなので、静かで大変落ち着いた雰囲気です。


CIMG0149.jpg

私の部屋からも海、フランス両方が見ることができました。



CIMG0091.jpg

HONDARRIBIA(オンダリビア)の町並みです。木と白い壁が印象的で、一見どこかの雪山にあるロッジかと思う概観でした。


CIMG0068.jpg

偶然結婚式後に写真を撮影するカップルに遭遇、とても幸せそうで綺麗でした。


CIMG0070.jpg

やはり民族意識の強いバスクなので、ところどころこのような独立の姿勢を示したような旗が飾ってありました。

CIMG0169.jpg

Hondarribia(オンダリビア)のピンチョスもバスク地方なのでどの店もすごくレベレが高くて美味しかったです。

CIMG0259.jpg

子供達が大道芸人をすごく真剣にみつめていて、可愛い!!
CIMG0256_20070915092122.jpg

これも部屋からの眺めです、バスク地方は元々雨が多い地域なので、今回の旅も曇りがちでしたが、最終日天気が良くなって、窓からの眺めもいっそう素晴らしいものになって良かったです。

Hondarribiaまた是非訪れたいと思います。

CIMG0253.jpg

ビルバオGuggenheim 美術館 

CIMG0185.jpg
2007年7月29日
 ビルバオのブッケンハイム美術館に行ってきました。この美術館はタピエスなど現代アートを中心とした近代的な美術館です。特に建物自体が、アメリカの建築家フランク・O・ゲーリーによって設計された魅力ある美術館です。
今回はドイツのデューラー展やRICHARD SERRAの作品展があり、とても楽しめました。

入場料12.50 EURCIMG0193.jpg

CIMG0182.jpg

CIMG0187.jpg

http://www.spliteye.com/serra/←richard serra

バスク(サンセバスチャン)で美味しいタパス巡り 

CIMG0117.jpg

2007年7月28日
バルセロナから車で約6時間サンセバスチャンのタパス&ピンチョス巡りをしてきました。サンセバスチャンには美しいConcha湾が広がっていて、新鮮な魚介類が手に入り、ミシェランの星をもつレストランも沢山あるグルメな都市です。今回で2度目の訪問になりますが、なんといつても楽しみはバル巡り。
バルセロナよりも断然美味しくてボリュームも多い!!
CIMG0201.jpg

これはサルディナ(いわし)をさっと炒めてレモンを絞った一皿

CIMG0204.jpg

ピンチョスもパンより断然具が多くて大満足。

CIMG0215.jpg

バスクのトレードマークのベレー帽。かぶっている老人をところどころで見ました。

CIMG0217.jpg

サンセバスチャンのトレードマーク

CIMG0213.jpg

友達のお土産にケーキ屋で買った、可愛い魚缶のチョコレートです。


CIMG0119.jpg


町中にBARが立ち並び、観光客も多いので活気があります。

CIMG0256.jpg

カンプノウでロナウジーニョ発見 

CIMG1343.jpg

2007年8月24日
今日は朝早くから自転車でカンプノウまで出掛けて、FCバルセロナの練習を見にいくことにしました。試合の前日の練習は公開しませんが、2日前は見せてくれるそうです。
9時頃から、カンプノウのゲートで待機していたら、ぞくぞくとバルサの選手が各自の車でやってきました。
親切だったのは、シャビさんサインを求める子供にサインしてあげていました。ロナウジーニョは大きな四駆の助手席に座っていました。どうやら免許はないそうです。

CIMG1363.jpg

その後カンプノウの脇のコートでバルサが練習を始めました。フェンス越しですがよく観ることができました。


CIMG1415.jpg

今年からバルセロナに入ったフランス人のHenryです。

CIMG1387.jpg

ロナウジーニョもお決まりのブルマ風パンツをはいて、楽しそうに練習してました。

CIMG1396.jpg

オランダ人ライカールト監督です。彼は昔ACミランの伝説的PLAYERだったそうです。

いつ練習が始まるかわからない状態なので、2日続けてカンプノウに通いましたが、通ったかいがあって大好きなアンリとロナウジーニョをじっくり観察できました。
帰りにOFFICIALショップでバルサグッツを買いましたが、人気の選手は売り切れ続出でした。何故かエトーのグッツが沢山あまっていました・・・

バレンシア旧市街 

CIMG1493.jpg

2007年8月26日
今日はバレンシアの旧市街を散歩してみました。バレンシアにも古い建物がまだ沢山残っていて、比較的大きなビルが多い印象です。3月になるとバレンシアでは火祭りが行われ世界中から観光客が集まってくるそうです。ちなみに8月は閑散期なので、人は多くありませんでした。
上の写真は「ミゲレテの塔」で1418年に聖ミカエルの祝日にちなんで付けられた名前だそうです。
現在展望台になっていて、上から旧市街を一望できます。
1.20eur



20070901125525.jpg

バレンシアのTipico(名物)オルチャータ屋です。味はミルクセーキを粉っぽくしたような味で大変甘いです。冷たく冷えているので美味しかったです。

20070901130103.jpg

CIMG1494.jpg

CIMG1490.jpg

バレンシアでは現在エルグレコ、ムリーリョ、ベラスケス、ゴヤなどの巨匠達の作品がプラド美術館から移転してきていました。特にエルグレコの自画像EXPOSICIONはお勧めです。
ほかにも現代アート美術館の作品も充実していたので、興味のある人はすごく楽しめると思います。

バレンシアの水族館 

20070901010206.jpg


2007年8月25日
バルセロナから車で約3.5時間AMERICANS CAPで有名な町バレンシアに行ってきました。バレンシアにはEU最大規模の水族館があり、セイウチやアシカを見ることが出来ます。
魚の種類もさることながら、建物自体が素晴らしく夜景も大変綺麗です。

20070901125041.jpg


20070901125137.jpg


20070901125254.jpg

スペイン語クイズサイトを見つけました。 

169_180.gif


http://www.artone.co.jp/feature/sp_quiz/tqscore.cgi?act=rank&genre=spanishq
↑スペイン語の単語力を問うクイズサイトを見つけました。
順位付けもでるので結構燃えました。

バルセロナが舞台の本 

img10373770906.jpg

BK20060915154324350L4.jpg
風の影』 (上)
カルロス・ルイス・サフォン
出版社:集英社
発行:2006年7月

タパスBAR 

今日は私がスペインでよく食べたTAPASを紹介したいと思います。一人で食事するときはレストランで食べるよりも、BARでタパスをつまむほうが気楽で好きです。

P1070821.jpg


写真のようにすし屋のようなカウンターにネタを陳列してあります。好きなタパスを注文すると揚げたり、焼いたり調理してくれます。

中でも私が好きなのは PIMIENTO FRITOS(揚げたピーマン)です、日本のピーマンと青とうがらしの中間といった感じで、さっと揚げて塩を振りかけてあります。

そのほかにもいろんな種類のタパスがあります。
P1070038.jpg

P1070037.jpg

P1070822.jpg

レティシア皇太子妃 

20061203225114.jpg
スペイン王室はレティシア皇太子が妊娠4ヶ月であることを伝えました。二人目もレノワールちゃん同様に女の子だそうです。レティシア皇太子妃に似て美人で頭がいい子に育つといいですね。

ちなみにレノワールちゃんは今のところ全然レティシア皇太子妃に似ず皇太子のお父さんにそっくり。

フランスのアルルで発見 

フランスのアルルという町を歩いたときに見つけた、お茶目な落書きです。ぬいぐるみにキスさせられてるお父さんが愛しいイラストですよね。

DH000367.jpg
可愛い鳥の置物も発見
DH000370.jpg


PARISの可愛い看板いろいろ 

a0395.jpg

PARISで見つけた素敵な看板を集めてみました。とってもカラフルで散歩するのが楽しみになるデザインばかりでした。


a0393.jpg

a0336.jpg

a0300.jpg

a0248.jpg

a0249.jpg
看板屋さんどしどし新しい看板楽しみにしいます!
a0251.jpg

リカルド・ボフィールの「ウォールデン7」。 

a0474.jpg


カタロニア出身の天才建築家リカルド・ボフィールの設計した「ウォールデン7」はバルセロナ郊外にあるほんとうに奇妙な形をした集合住宅です。現在も沢山の住人がいらっしゃるので、中までは見学できませんが、外観は写真のように一見の価値ありです。


リカルド・ボフィール Ricardo Bofill
1939年 スペイン バルセロナ生まれ
1955-56年 バルセロナ高等建築学校
1957-60年 スイスジュネーブ建築学校
1963年 タジェール・デ・アルキテクトゥーラをバルセロナに設立
1970年 タジェール・デ・アルキテクトゥーラをパリに設立
1987年 タジェール・デ・アルキテクトゥーラをニューヨークに設立
1991年 タジェール・デ・アルキテクトゥーラを東京に設立 a0477.jpg

スペインの金太郎飴 パパブルレ  

本日ウルルン滞在記でついにバルセロナの金太郎飴やパパブルレが紹介せれていました。
私も数回フルーツのキュートなキャンディを買いに行ったことがあります。そのころは鳥取出身の日本人の男性が勉強していて、現在は東京の中野にお店をだしているようです。

是非中野のお店にも行ってみたいなぁ・・・。

それにしても金太郎飴がスペインで人気とは不思議な感じしますね。企業の宣伝などのロゴいり飴もオーダーできるみたいで、注文がさっとうしているそうです。

個人的にはスペインの飴はとてもカラフルで着色料たっぷりそうなので、大量摂取はあんまりしたくないですが・・。



DH000429.jpg

DH000428.jpg

紙の洋服 

バルセロナのランブラス通りに可愛い文具を沢山売っているお店があります。その店頭で見つけた紙で作ったドレスです。
3着ともすっごーく可愛いくて思わずカメラに収めちゃいました。

P1070626.jpg

P1070627.jpg

P1070628.jpg

世界遺産 ポンデュガール(フランス) 

ローマ人が造ったといわれる三段アーチの水道橋「ポンデュガール」。
高さ48M。長さ当時50Km。
2000年も前に作った古代人の知力と体力に驚かされます。
水道橋ということなので昔は水が一番上に流れていたそうです。
二段目まで橋の山場から登り川が流れる風景を楽しみました。


DH000412.jpg

DH000445.jpg

村上龍「イビサ」 

20060828110341.jpg

イビサ島から帰ってきてすぐにAMAZONで村上龍さん著の「イビサ」というタイトルの小説を買って読みました。
ものすごくセクシーな内容の本で私の予想とちょっと違った印象・・・。
http://www.homeoflatroyaibiza.com/index2.htm←CLUB LA TROYA 



そのなかでも一番興味深かったのがPACHAとうクラブの話。イビサ島では連日数多くのクラブが大盛況なんですが、そのなかでもPACHAとSPACEは大変人気が高く、特にPACHAに関してはその可愛いトレードマークのさくらんぼデザインがいろんなグッズとなって発売されているほど。特に洋服のお店は大人気で若者が店内狭しと訪れています。
20060828110525.jpg

ちなみにPACHAはDJ MAGAZINEの世界NO.1クラブに常に選ばれているそうです。

村上龍さんの本のなかでもこの「PACHHA」がキーワードとなって登場してきます。詳しくは読んでみてください。
http://www.pacha.com/←PACHAのHP
http://www.space-ibiza.es/photos/monza_270706.htm←SPACEのhp
実は昔私は村上龍さんをトークショーで直接観たことがあります、すごく謙虚で気さくな人柄でお話が上手で、多くの女性ファンが集まっていました。
20060828110409.jpg


20060828110436.jpg

http://www.metropolrecords.com/
↑ibizaのクラブミュージックを体験したい方は
http://www.km5-lounge.com/km5.htm←km5のclub

大人気メレンゲアイスのお店 

20060821213856.jpg


スペインの美味しいお店を特集した地元の本ご推薦のアイスクリームshopに行って着ました。
場所はサンアントニ市場のすぐ近くです。
地元の人で大賑わいの、このお店のお勧めはメレンゲのアイスクリーム。私が食べたのはチョコレートとバニラ味、もっちりしていて濃厚な味がくせになりそうです。

20060821213839.jpg


20060821213915.jpg

HENRY MOORE の彫刻 

20060821031822.jpg

CAIXAFORUMで現在開催されているHENRY MOORE の展覧会に行ってきました。
彼の作品には戦争体験により目にした多くの人々の苦しみや悲しみ、幸福に対する彼の強い思いを感じ取ることができました。



HENRY MOORE

1898年にイギリス、ヨークシャー州の炭坑町カッスルフォードに8人兄弟の第7子として生まれたムーアは、長じて地元の小学校の教師として働き始めますが、すでに彫刻家になることを夢見ていました。19歳で第一次大戦のフランス前線に送られ、毒ガスに冒される体験をしています。
1921年に奨学金でロンドンの王立美術学校に進むと、大英博物館に足繁く通ってエジプトやアッシリア、アメリカ先住民の古代彫刻に夢中になります。1920-30年にかけて、これらの古代彫刻のほかにブランクーシやシュルレアリスムなどモダンアートの洗礼を受け、1930年代には完全に抽象的な彫刻を生み出してイギリス彫刻の旗手として活躍します。

しかし、第二次大戦中に従軍画家として生々しい人間の姿を多く描いた経験から、人体のかたちへの関心が再燃しました。戦後の作品は人間の姿をとりながら、岩や樹木など自然のモチーフを強く連想させるものとなっています。いわば、ムーアは自然の中に人間を見、人間の中に自然を見るという境地に至ったのです。晩年には世界的な巨匠として広く尊敬を集め、数多くの野外彫刻の大作を手がけています。

20060821031740.jpg


入場無料

EMPURIESの遺跡 

20060821025815.jpg

紀元前7世紀の遺跡EMPURIESへ行って着ました。
広大な敷地にまだずいぶんはっきりと骨組みが残っていました。食堂や浴場のタイルも壊れず綺麗なデザインのままです。


20060821025857.jpg


20060821025922.jpg

この遺跡からみえる地中海の景色はとても濃いブルーで美しいです。
ビーチにも日光浴しているひとが大勢寝転がっています。


20060821025940.jpg


20060821030000.jpg

私も駐車場に車をとめて、ビーチの近くの散歩道をしばらく歩いてみました。

ボルドーの旅(5日目) 

20060819024900.jpg


昨日泊まったシャトーのおじ様が親切にお勧めの海岸をいくつか教えてくれたので、早速宿を後にして向かってみることにしました。
20060819024507.jpg

20060819024830.jpg


20060819024931.jpg

onte de van の海岸。さすがにお勧めの海岸だけあって海が空の色を反射して輝くブルーでした。


20060819025008.jpg

そろそろお腹もすいてきたので、サンマロまでもどって、再び牡蠣を食べるべくお店探し。
なんだかとってもお洒落なおばあちゃんのレストラン発見。壁中にいろんな劇場のイベント情報など貼ってあって、かっこいい。
20060819025037.jpg

20060819025102.jpg

ここでも懲りずに牡蠣と白身魚の焼き物を頂きました。美味
20060819025137.jpg

さて今日はなんとボルドーまで南下しないといけないので、かなりハードです。宿の夕食に間に合うかなぁ・・・。
20060819025403.jpg

よそう以上に時間がかかって、宿についたのは夜9時。とっても明るくて元気なオーナー夫人が迎えてくれました。森のなかにひっそりと隠れ家みたいなこのレストランホテル、かつてはブリジットバルドーやアランドロンとの交流もあったみたい。詳しくはまた後ほど・・・
夕食かるくまだいただけますか?ときいたら、「もちろん!」と用意してくれました。
20060819025658.jpg

レストランはかなりムーディーな薄暗い間接照明で、家族ずれや恋人たちが静かに食事していました。
20060819025726.jpg

一人のオーナーらしきお爺ちゃんが挨拶しにテーブルまで来てくれました。
20060819025519.jpg

20060819025618.jpg

お部屋の窓からはすぐに川を眺めることができて、とても美しい光景です。
20060819025429.jpg


朝食には美味しいフルーツとヨーグルトがでて綺麗な陶器でとても可愛い。
20060819025800.jpg

帰り際サロンに沢山の女優や男優のモノクロ写真を発見。見入っていると、夕食時のおじいちゃんが「これは私が撮ったんだよ」と教えてくれました。ELLEやヴォーグの写真をとったこともあるそうです。BBやアランドロンなどの豪華なメンバーに驚き。
ただのおじいちゃんだと思っていたら、実は凄腕カメラマンだったようです。彼はスタジオを飛び出して、野外撮影することを始めた初期の人物だったそうです。
tintin.jpg

↑このおじいちゃんです。


詳しくはホテルのHPで

LE CHAUFOURG EN PERIGORD

サンマロの海岸(4日目) 

ブルゴーニュの田舎を抜け、次はいよいよブリターニュ海賊の町サンマロへ向け出発!
約2時間ほどでサンマロ到着。
20060819020425.jpg
20060819020451.jpg


国自体が海賊を認めていたサンマロは略奪品でとても潤ったそうです。
20060819020515.jpg


美味しそうな缶詰屋さんを見つけて、カラフルなパッケージにひかれて購入。
20060819020842.jpg


道中干上がったボート群発見!!
20060819020716.jpg

そろそろお腹がすいたので、絶対食べたかったカキに挑戦。スペインのカキは平べったいけど、フランスのカキは割りと日本風で肉厚だった。大体6個セットになってるみたい。新鮮でめちゃめちゃおいしー


20060819020912.jpg


20060819021410.jpg


20060819021451.jpg

このお店すぐに地元の人でいっぱいになったから、大当たりだった。デザートのチーズとクレソンの愛称が抜群でした。
20060819021530.jpg

さてお腹もいっぱいになったので、そろそろ本日のシャトーホテルへ向かうことにしました。

ところがここで遂に今回の一番のピンチ!途中のQUIMPERという都市で迷いに迷い、さらにものすごく山奥にあったので、さらに迷う。途中の信号待ちで地元の救世主が現れて、なんとホテル入り口まで「僕についてきて!」と案内してくれました。ほんとにハンサムで親切な紳士です。


20060819022048.jpg

これが個人のシャトーなんで信じられない・・・どれだけお金持ちなんだろう?と創造してしまうミーハーな私。庭先には娘さんらしき女の子が読書している、よーく見るとテニスのナダール似(ごめんなさい)そうこうしているとどうやら主人登場。なんと私が思い描いていたのとは違うタイプの普通のおじ様。あれ?しかし後でとても親切な人だとわかるのですが・・。

20060819022436.jpg

お庭が見えるチャペルを改造した部屋に宿泊
20060819022552.jpg

お庭は屋敷を囲むように四方八方に広がっていて、スケールが凄すぎでした。お庭には大人しいワイマラナーという犬が静かに遊んでいました。
20060819022503.jpg

翌日の朝食時、たいていはお手伝いさんが準備してくれるのですが、何故か昨日のおじ様がオレンジジュースを持って登場。多国籍軍でとりかこむ食卓を(イタリア・スペイン・日本)楽しそうに話しながらついで回っておりました。そこに超美人の奥様登場、ほんとにまさに貴族の微笑み。うつくしー


20060819023213.jpg


また是非訪れたいなぁ・・・
20060819023307.jpg


LE DOMAINE DE GUILGUIFFIN
詳しくは→http://www.chateau-guilguiffin.com
vueaerienne.jpg

chambre-chapelle01.jpg

モンサンミッシェル(3日目) 

20060818233824.jpg

フランス3日目ついに一番のメインイベント!モンサンミッシェルに向け車を走らせました。ずいぶん遠くからでもその要塞は少しずつ姿をあらわし、30年もの長い間攻城戦にも耐え抜いたというすごい歴史があります。多くの巡礼者が途中海に飲み込まれてでも訪れることをやめなかった孤高の要塞モンサンミッシェル。


20060818233840.jpg

ランチタイムには名物オムレットとガレットを頂きました。

20060818233858.jpg


修道院入り口はものすごい人で溢れかえっているので、時間を考えた並び方がいいかも。

20060818234039.jpg


20060818234002.jpg

頂上からは淡い美しい景色が広がっていました。
20060818233949.jpg



20060818234108.jpg


モンサンミッシェルの感動を胸に本日のシャトーホテル「THE CHATEAU DE BOUCEEL」へ急ぎます。

20060818234127.jpg
20060818234321.jpg

20060818234338.jpg


庭にロバとアヒルが放し飼いにされている、このシャトーはお庭がとても素敵で自然と心が癒されます。
スペインに20年住んでいたオーナー夫人はとっても気さくで親切でした。お部屋には自画像などのアンティークや狩猟用の猟銃などが沢山飾られていて素敵です。

20060818234151.jpg



20060818234212.jpg


20060818234302.jpg

奥様にモンサンミッシェルの夜のライトアップが素敵と教えてもらって、さっそく観にいってきました。幻想的!
20060819003914.jpg


朝食は1階のサロンで頂きました、パンも美味しかったです。


20060819015356.jpg

20060819015507.jpg

ロワール川の旅CHEVERNY城(2日目) 

20060818000948.jpg

二日目の午前中再びシャトー巡り再開!CHEVERNY城を訪れました。昨日見たお城に比べると少し小さめですが、個人的には一番フォルムが美しいのでお気に入りです。実はここの売店で可愛いテディベアが木の箱に入れられて売っていたので、購入しました。20060818001620.jpg

このお城はベルギーのタンタンという人気漫画でも登場した、お洒落でロマンチックなお城でした。

その後再びホテルに戻り、お庭で夕食を頂きました。ギャルソンさんがとても親切でテキパキしていたので、大変楽しい食事となりました。コースメニューで食べましたが、子羊のロティがとてもやわらかくて、絶品でした。
20060818001034.jpg

20060818001047.jpg

20060818001058.jpg

ロワール川古城巡り(1日目) 

20060817231855.jpg
2006年7月23日-27日 バルセロナ→→CHENONCESU 

バルセロナを早朝に出発してカルカッソンヌを超え約10時間ほどかけて一気にロワール川までドライブしました。
初日の目的地川の上に浮かぶ写真のCHENONCEAU城、その佇まいはまるで絵画のように美しかったです。お天気にも恵まれ、広い整備された庭も散歩することができました。


20060817230759.jpg

次に訪れたのが1519年にフランソワ1世が着工したシャンボール城。このお城はフランス様式のうえにさらにイタリアルネッサンスの革新的な様式をとりいれた大変豪華なお城でした。
20060817230743.jpg

20060817230545.jpg

その後初日のシャトーホテルに辿り着きゆっくり過ごしました。
20060817235910.jpg

20060817235959.jpg

20060818000012.jpg

20060818000057.jpg

グラシア祭り開催中(2006年8月15日~21日迄) 

20060817213144.jpg

今年もやってきましたバルセロナのグラシア地区祭り!!毎年この地区の住民の団結力には頭が下がります。思い思いのデザインで通りを飾りつけ、さらには写真のような爆竹や花火で会場を盛り上げながら練り歩きます。20060817213232.jpg

20060817213204.jpg

20060817213217.jpg

20060817213255.jpg
このお祭りも住民からは賛否両論あるようで、明け方まで続く騒音や通行止めに悩まされる人も多く、年々規制が厳しくなっていて規模が小さくなりつつあるようです。

イビザ島お薦めホテル(CAN PARRAMATTA) 

20060815030129.jpg
今回のイビサ島で5日間お世話になったのが、この写can
CAN PARRAMATTA というホテルです。オーナーは兄弟で経営してオーストラリアで旅行学を学んだ経験あるスペシャリストです。このホテルは山奥にひっそりと建ててあって一日中静かで鳥の鳴き声が聞こえる心地よいところです。お庭のプールは巨大で思った以上に深いので思いっきり飛び込みの練習をしてしまいました・・20060815030304.jpg

20060815030205.jpg

20060815030232.jpg
http://www.parramatta-ibiza.com/web/consulta/consulta.asp?idioma=en

イビサのムーディなレストラン(ATZARO) 

20060815024758.jpg
イビサ島のSAN JUAN地域にあるATZAROはバルセロナ在住のスペインの女の子に紹介してもらったとてもロマンチックなお店です。車でかなり田舎道走りとてもわかり難い奥地にひっそりありました。夜のライトアップがとてもセンスよく、なかなかお洒落な客層の子が多くてとても気に入りました。お料理もわりとアジアな雰囲気を取り入れていて食べやすくて美味しいです。


20060815024821.jpg

20060815024837.jpg

特にお薦めはホタテ料理・白身魚(mero)・チョコレートのデザートです。
adress  SAN JUAN KM15 -IBIZA TEL 34 971 33 88 38
HP www.atzaro.com

bottombar.jpg

FORMENTERA(イビサ島周辺の島) 

20060815023657.jpg

イビサ島からフェリーで30分ほどのところにあるFORMENTERA島はイビサよりもさらにビーチが素晴らしいことで有名な島です。この写真の場所に辿り着くまでかなり苦労したので、ついたときはほんとに嬉しかったです。実はフェリーで降りてから自転車で約30分ほど水着で漕ぎまくったのです・・・。みんなMOTOとひとっ走りする子が多いけど、私は乗りなれないので自転車。ほんとスペインの若者はスピード狂なのでとっても怖かった・・。20060815023809.jpg
FORMENTERAの海では写真のようにトップレス率がとっても高いので着ているほうが浮いてる感じがしちゃうほどでした。
20060815023746.jpg

20060815023723.jpg

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 素敵な町バルセロナ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。